読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

a-sel's blog

株式会社青山セレクトの技術メモ件、日記

migr8.rb スキーマ管理

手っ取り早くスキーマのバージョン管理をするためにmigr8.rbを利用

rootにて

 yum install ruby

その後一般ユーザに戻って

curl -Lo migr8.rb http://bit.ly/migr8_rb

chmod a+x migr8.rb

export MIGR8_COMMAND="mysql -s -u hoho hogedb -p"  # for MySQL

export MIGR8_EDITOR="vim"                  # for Vim

 

とやってもうまくいかない。。どうやらURLが転送がかかってcurlだとうまくいかないよう。ブラウザで叩いてみると

https://raw.githubusercontent.com/kwatch/migr8/ruby-release/lib/migr8.rb

が転送先のようで、こちらからダウンロード

./migr8.rb init

 

マイグレーション用テーブルが作成される

./migr8.rb new -m "hogehoge"

でテンプレートファイルが作成されるのでそれを編集で完了。

newをしなくてもhisory.txtを手動で編集すればコマンド使わないでも管理ができそう。

ちなみに一気に最新にするコマンドあるのかな。。デプロイではそれが必要なんだけど。。